効率よく疲労回復させるポイント|サプリメントで元気な体を維持

空と女性

肉体疲労は食事も関係する

肩凝り

疲労の原因物質は乳酸

肉体疲労の原因となる物質は乳酸で、筋肉を使用した後に生じます。蓄積すると疲労感が出るので、筋肉トレーニングなどの運動をした後は体をしっかり休めることも大切とされています。また、過剰に摂取した糖質が蓄積して疲労感を生むことがあります。摂取して消化・吸収された炭水化物は血糖(ブドウ糖)となり、適度なら体と脳の栄養として活用されます。しかし摂取量が過剰になると蓄積し、肉体的な疲労感を生じるようになります。蓄積は糖質が上手く分解されないことにより起こります。糖質を分解する栄養素はビタミンB類で、豚肉やうなぎなどに豊富です。しかしこれらは脂質も豊富なので、健康に関して全般的に有効な玄米などの無精製米をオススメします。

食材と調理法を工夫する

肉体的な疲労回復にはビタミンB類が必須ですが、摂取の仕方を工夫することで吸収率がより良くなります。ビタミンB類の中で特に疲労回復に有効とされるのが、ビタミンB1です。日本人にとって重要な栄養素で、昔はビタミンB1欠乏症の症状が江戸患いという名前で恐れられていました。ビタミンB1を効率よく摂取するには、汁物が良いとされています。ビタミンB1は水溶性で加熱することにより栄養素が溶け出るので、汁物なら栄養素を逃すことなく摂取できます。無精製米と豚肉を使用した汁物といったメニューは、疲労回復に効果的だと思います。また、ネギ類に含まれるアリシンも糖質分解に有効とされます。ビタミンB類が豊富なレバーとアリシン豊富なニラを用いたレバニラ炒めも、疲労回復メニューに取り入れると良いかと思います。

Copyright© 2016 効率よく疲労回復させるポイント|サプリメントで元気な体を維持 All Rights Reserved.